• このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは、バンスタのMiwaです!

ついに私も、念願の動画デビューですねw
さて、今回、バンクーバーに住む男女100人を対象に、以下のような質問をしてみたところ、興味深い統計結果が得られたので紹介したいと思います!

場所は、English Bay, Yaletown, downtown on Robsonなど、オシャレな人達が集まる所で聞いてみましたので、日本で美容師されている方は、海外のヘアサロンの情報の参考にして頂けたらと思います。よくサロンに行くお客様も海外の美容事情をご参考にして頂ければ、幸いです。

 

美容院に行く頻度は?

graph_cut
やはり男性のお客様はツーブロックや、プレジデンシャルカットなどの短髪が人気で、横を刈っているスタイルのお客様も多いので、カナダ人は特に、”身だしなみ”という感覚で、2週間に1度はサロンに行くようです。長くても1ヶ月に1度ですね。逆に、ロングスタイル、パーマなどは、ローメインテナンスでも大丈夫ですね。

女性の場合は、やはり、1,2か月、3ヶ月に1回はヘアサロンに行きたいですよね。ショート、ミディアムのスタイルは、メインテナンスが大切ですし、ロングのお客様も毛先を整えるだけでも、大分ヘルシーに伸びてくれるので、3ヶ月に1回はトリムをオススメですね。逆に、数年に1回などのロングで放置女子も23%いますね。

 

 

美容院でいくら使う?

graph_price

男性の場合、頻繁にサロンに行く人が多いので、そんなに高いお金を払いたくない人が多く、バンクーバーには安いサロン、バーバーも多いので、$35以下が約9割を占めてますね。パーマ、カラーなどの他の施術をした場合は、$100以上もいますが。

 

女性は、カットだけでしたら$40〜60が平均です。

カラー、ストレートパーマ、トリートメント、エクステンションなどの施術の場合は、$200から$500まで払う人もいます。やはり、女子が美にかけるお金は高くつきますね。$500もあったら、バンクーバーからハワイまでの航空機チケット買えちゃいます!!!

美容師さんにいいのは、お客様はこの金額の15〜20%はチップとしておいていってくれるので、単価の大きな施術をすればするほど、チップもはずむことになりますね。カナダの美容師さんはチップだけで生活できるほどの人もたくさんいますよ。

 

 

どんな施術をする?

graph_kind
男性は基本的にカット。

女性は、カットはもちろんですが、ハイライト、オンブレ、白髪染めなどのカラーはオシャレには必要不可欠です。他には、少数ですが、定期的なトリートメントで髪の毛をケアしたり、エクステ、ブレイディング、ストレートパーマなどもありましたよ。コールドパーマの需要は海外では、日本ほどないように感じます。デジタルパーマもアジア特有のものなので、外国人は存在すら知らないと思いますよ。

 

日本人経営のサロンについてどう思う?

graph_japsalon02

※コチラは男女合わせての統計結果です。

 

アジア系以外のカナダ人は、日本人経営のサロンに行った事が無いという人が多いようです。バンクーバーにも年々、日本人経営のサロンは増えているものの、認知度はまだまだのようですね。

しかしながら、

「行ってみたい」

「良さそう」

「日本はスタイリッシュ」

「仕事が正確なイメージ」

など悪いイメージはほとんどもたれていないようですが、キッカケがないのですかね〜。
また、行った事のある人には、高い評価を得ているようです。
やはり日本人のきめ細かい技術は海外でも認められているんですね。

 

 

いつも行く美容院は?

今回質問の答えに出てきたサロンを地図上に並べてみました。
皆さん様々なエリアの美容院に行かれていますね。

今回質問の答えに出てきたサロンは以下の通りです。
Poppy/Lure/Entre Nous/Stella in style/IS.Salon/Capelli/M2 Salon/Hive/Jive Jive/Salon Esprit/Great Clips/Colour Box hair/Hair Lounge/Avent Garda/Steveston Barber/Airplus/Select Hair Design/Chatters Salons Hair/Suki’s/Tsubaki/Zeal Salon (Robson)/Zeal Salon (Richmond)/Alpha D, Salon de Nuvida.
その他、独立された美容師さんを自宅に呼んで施術してもらうという人もいましたよ。

 

 

なぜそのサロンを選ぶの?

graph_reason02
サロンを選ぶ理由は皆それぞれのようですが、男性は値段、女性はスタイリストや仕上がり具合で理由で選ぶ方が多いようです。サロンではなく、スタイリストについてるお客様もたくさんいるイメージでした。

 

 

サロンを最初に知ったキッカケは?

graph_km04
今の時代ネットで調べるのが当たり前のような気もしますが、バンクーバーのみなさんは意外と友だちのお勧めや、たまたま歩いていて見つけたお店に入る方が多いようです。一度行って印象が良いから、ずーっとそのサロンに通い続けている人も多くいました。

 

 

美容院までどれくらいの距離なら行く?(徒歩)

graph_km04
男性は10〜15分、女性は30分〜40分が最も多い割合となりました。
やはり男性よりも女性の方がオシャレに時間をかけるということのあらわれでしょうか?
中にはいいサロンなら自宅から2時間以上かけてでも行くという方もいましたよ!?

 

というわけで、今回バンクーバーに住む男女100人を対象にこのような質問をしてみました。
日本とは少し違った結果になったのではないでしょうか。

 

バンスタでは、海外での就労を夢見る美容師さん、留学をしたい美容師さんを応援しています!
海外での就労や留学について、わからないことがあれば何でもお気軽にお問い合わせ下さい!

もちろん、日本の美容師さんは忙しくて、長期の休みもなかなか取れないとは思いますが、もし1週間でも時間がとれたなら、海外に出てみるのもいい刺激になるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで問い合わせる
留学・海外就労に関するお問い合わせ

バンスタはCOSカナダ留学サポートデスクによって運営されています。

COSカナダ留学サポートデスクは、英語習得のみを目的とした留学ではなく、海外で美容などの専門的分野を勉強されたい方を対象に、無料でコンサルティングを行っている留学エージェントです。