• このエントリーをはてなブックマークに追加

BASIC WORDS/基本的な単語

 

海外で働く美容師を目指す上で基本となるサロンでよく使われる単語を取り上げます。日本語とほぼ同じになっている単語もあれば、「モヒカン」などの様に英語の発音に注意が必要な単語も。髪や体の部位からカットのバリエーションを扱った動詞、そしてサロン内の専門用語まで目的別に分けて一挙にご紹介します。

 

髪の部位

前髪
Bangs/ Fringe

もみあげ
Sideburns

眉毛
Eyebrows

根元
Roots

根元の伸びた毛
Regrowth

根元の伸びた毛のみのカラー
Root-retouch/ touch-up

毛先
Ends

上の髪の毛
Tops

下の髪の毛
Bottoms

枝毛
Split ends/ dead ends

レイヤー
Layers

カットで使う動詞

(動)髪をとかす
Comb

ブローする
Blowdry

シャンプーをする
Shampoo/ Wash

(動)髪をすすぐ
Rinse

髪の毛を整える程度に切る
Trim

髪をすく
Thin out/Texturize

(カラーを)乳化する
Emulsify

白髪染めをする
Gray hair colour

一般的なサロン用語

(名)リンス
Conditioner

(名)くし
Comb

ヘアドライヤー
Blow dryer

長さ
Length


Thickness

薄い
Thin

厚い
Thick

カミソリ
Razor

バリカン
Hair clippers

モヒカン*(発音記号:móʊhɔːk)
Mohawk

モヒカンの音節はMo・hawk、カタカナで表すならモーホークに聞こえると思います。海外で活躍する美容師を目指すならまずは身近な単語から一つずつマスターしていきたいですね。
またこの記事を読んだ現役の美容師さんで「外国からのお客さんとのやり取りでこんな時に苦労した」「この単語は北米の美容室ではどんな言い方をするんですか?」など皆様からの質問も受け付けています。お気軽にお問い合わせからご連絡下さいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで問い合わせる
留学・海外就労に関するお問い合わせ

バンスタはCOSカナダ留学サポートデスクによって運営されています。

COSカナダ留学サポートデスクは、英語習得のみを目的とした留学ではなく、海外で美容などの専門的分野を勉強されたい方を対象に、無料でコンサルティングを行っている留学エージェントです。