JAPANESE HAIR SALON
日本人経営の美容室で働く

なぜ日本人経営美容室が人気?

日本人美容師
  1. 日本人の行き届いた接客や丁寧な技術
    シャンプーひとつにしても、よくすすぎ、シャンプー、2回目のもっと丁寧なシャンプー、コンディショナー、軽いヘッドマッサージは日本では当たり前。初めてこのような経験をするカナダのお客様は驚く方がほとんどで、「こんなシャンプー初めてだよ。」、「このマッサージのために来ているんだ。」というコメントをよく耳にします。現地の高級美容室に行くよりも、リーズナブルな価格で質の高いサービスが受けられるのならば、日本人の美容室を選ぶのは当然。日本人美容師が重宝されるというのも納得がいきます。
  2. 日本人美容師というブランド感
    日本人の美容師は、アジア人系のお客様に絶大な人気があります。日本のドラマ、雑誌などの影響で日本人に髪を切ってもらっているという一種のステータス的なものがあり、希望通りの髪型に近づけてくれるという再現性の高さで喜んでもらえることが非常に多いようです。
  3. 日本人の髪は日本人が制す
    一店舗の美容室の全体比としては、日本人のお客様の割合は少ないですが、バンクーバーにいる日本人のほとんどは、日本人経営の美容室を利用します。現地の美容室に行く際の英語での注文の仕方、細かいニュアンスを伝えることでの苦労がなく、ミスコミュニケーションでの失敗を心配する必要がないので、やはり日本人の髪のことは日本人に任せるのが一番安心と考えている人は多いようです。

 

お給料形態は?

  • 固定給
    2100ドルか2500ドル程度。月ベースで対応出来るお客様の数やリピート率などで固定給が変動するようです。
    例えば130人程度のお客様の施術する事が出来れば2,500ドルの月額固定給となります。
  • チップ
    サービス料の約20%程度をチップとして支払うのが通常です。30ドルのカットであれば6ドル程度、150ドルのパーマ©カラーであれば30ドル程度。
    チップとしてもらったお金はスタイリストが全て貰うのが一般的。アシスタントを使う場合などは、チップ全体の10%程度を渡す店もあります。
    一日のチップが100ドル以上になることもあり、お給料と同額前後のチップというのが一般的なようですので一ヶ月で4000ドル以上(40万円程度)というのも一般的です。
 

語学力は?

 

帰国後の再就職が難しい?

 

カナダで美容師免許は必要?

サロン
 

薬剤や機械は?

薬剤
 

日本人経営美容室の客層は?

 

OTHER INFO
その他の情報

美容道具は日本から持っていく?

ハサミ


海外で美容師の夢、実現の
チャンスは今しかない!


バンクーバーには、数多くのヘアサロンがあります。どこで働けばいいかお悩みの方も、一度ご相談下さい。

LINEで問い合わせる
留学・海外就労に関するお問い合わせ

バンスタはCOSカナダ留学サポートデスクによって運営されています。

COSカナダ留学サポートデスクは、英語習得のみを目的とした留学ではなく、海外で美容などの専門的分野を勉強されたい方を対象に、無料でコンサルティングを行っている留学エージェントです。